どうして白髪が生えてくるの?

どうして白髪が生えてくるの?

いつの間にか増えていく白髪。

(自分の同年代のあの人は白髪が少ないのに、どうして自分だけ…)

私も人並み以上に、白髪のことで悩んできました。(ノД`)

ただ、白髪が生えることには、ちゃんとした原因があります。

原因やメカニズムを押さえることで、白髪を受け入れやすくなったり、また改善に繋がるかもしれませんよ!

髪の健康寿命を大切に
お申し込みは
hairju公式HPから

原因1:加齢と老化

髪を黒くしているのは、毛髪に含まれるメラニン色素と呼ばれる成分です。

また白髪とは、このメラニン色素が毛髪に含まれなかった状態のことを指します。

そしてメラニン色素を作る細胞の働きは、加齢や老化によって鈍くなってしまい、大体35歳ぐらいから悩む人が増えるようです。

ちなみに私の場合は、20代後半ぐらいから、ちらほらと生えてきましたね。(><)

原因2:遺伝

白髪にならない人、なりやすい人は、遺伝によって決まっています。

これは結構残酷な事ですよね。

遺伝で決まってしまうことは、本人がいくら努力しても改善しようがありません。

自分は白髪が生えやすい髪質なのか、ご両親の白髪具合を観察しておくことで、ある程度予想できるのではないでしょうか。

原因3:ストレスや睡眠不足

過度なストレスは、メラニン色素を作る働きを弱めてしまいます。

またメラニン色素は、睡眠中に作られていくものなので、十分な睡眠が不可欠です。

長期間厳しい環境で働いていたり、眠れない状態が続けば、白髪は増えてしまうことになるので、時には休むことも必要です。

よく言われている、白髪=苦労しているというイメージは、ある意味正しいということですね。

原因4:栄養不足

髪の主成分は、ケラチンと呼ばれるタンパク質で構成されています。

ということは、タンパク質が足りていなければ健康的な髪が作られない、つまりは白髪になってしまうということわけです。

また、女性はいつまでも若く美しくありたい生き物です。

時には無理して、激しい運動をしたり、ダイエットを行うこともあるでしょう。

しかし、タンパク質・ミネラル・ビタミンなど、若く健康に保つための栄養度が足りていなければ、元も子もありません。

オシャレするためには我慢も必要、なんて昔は言われりしましたが、我慢しすぎは本末転倒だということを知っておきましょう。

髪の健康寿命を大切に
お申し込みは
hairju公式HPから
TOPページを見る